スカートの上手なクリーニングやお手入れ方法

デザインもマテリアルも豊富なスカートは、洗濯をしたい場合に正しいお手入れ方法が分からないことも多いのではないでしょうか。ここではスカートの上手な洗濯の仕方について紐解きます。

スカートを綺麗な状態で洗い上げる頻度とは

スカートは様々な生活シーンの中で、しわになりやすい状態や生地が伸びる状態になり易く、また汗なども付着しやすいファッションアイテムです。一般的に女性が着るものですから、清潔感や型崩れなどには注意したい人も多いことでしょう。ですがプリーツの入ったものやストレッチ素材のもの、シフォンやレースまで、繊細なマテリアルや加工がされたアイテムも多く、着る度に洗濯をしたりクリーニングに出したりしていると、却って型崩れの原因となりかねません。酷く汚れることが無ければ、だいたい5回着るごとに洗濯のお手入れをする位の頻度で良いでしょう。素材にもよるので、スカートの洗濯やクリーニングは型崩れしない程度を基本にして下さい。

スカートをクリーニング店へ出す前の確認作業

スカートを洗う前に、クリーニングに出すか自分で洗濯をするかの判断をします。スカートの裏生地などにある取り扱い絵表示を必ず確認してください。自分で洗えるものには手洗いマークや洗濯機マークが表示されています。水洗い不可の表示とドライマークがあるものはクリーニング店行きと判断しましょう。その他表示タグの裏側などに記載の注意書きの有無のチェックも忘れないで下さい。クリーニングへ出すことに決めたら、ボタンやフォックの状態や、ほつれや破れの有無、ポケットの中身などを必ず確認してから店舗へ持ち込みます。事前に修繕して傷みを抑制することや、汚れを落として欲しい箇所や染み抜きの対応などの確認を店舗の方と意思疎通できます。また宅配クリーニングでは玄関先で相談が出来るので、順番待ちを気にせずに話すことが出来ます。

洗濯機でスカートを洗う場合の注意点

スカートを自分で洗濯する場合に使用する洗剤は、おしゃれ着用洗剤が勧められます。洗濯をする前に極端な汚れが無いかを確認して、ある場合は漂白剤などで汚れを部分的に落とします。中性マークのあるアイテムはおしゃれ着用洗剤で行います。洗濯機で洗う場合は洗濯ネットへ入れて、フォックなど開閉できるものは全てとじ破れなどを抑制します。また洗濯によって取れてしまいそうなスパンコールやビーズなどの装飾がある場合には、裏返すことが効果的です。またプリーツスカートは裾部分をしつけし型崩れを防ぎますが、性質上傷み易い加工であるため自信がない場合はクリーニングへ出しましょう。プリーツスカートはプリーツの本数によって料金が変わることもあり、宅配クリーニングの場合では衣服の枚数でセット料金の業者があるのでお得感があります。

日頃から洗濯以外でできるお手入れ方法

ビジネスなどで使用頻度の多いタイトスカートは、しわによる型崩れを防ぐために日頃から帰宅後のお手入れをして置きます。ボトムハンガーを用意してタイトスカートをたるみの無いように丁寧に吊るし、衣類用ブラシで裾からウエストへブラシを動かし埃を取ります。埃を取ったら今度は逆方向へブラシを動かし、生地の毛並みを整え、直射日光を当てないように風通しの良い場所に干して下さい。ブラッシングは払う程度の力で行い、霧吹きをすることでよりしわを伸ばす効果があります。学生服にも応用ができる方法です。
またクリーニングから返却されたスカートは埃よけのビニールが掛けられていますが、収納前に必ず取り外してください。次のシーズンまでビニールをかけたままで収納すると、型崩れやカビ、蒸れの原因となるので注意して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


おすすめ記事