スーツお手入れ、クリーニングに出す?それとも自分で洗う?

あなたはスーツをいつ洗いますか?そして洗う時、クリーニングに出しますか?それとも、自分で家で洗いますか?

スーツを洗う頻度はどれくらい?

まず、スーツをクリーニングする頻度について考えましょう。スーツを洗う機会としては、衣替えや1ヶ月おきなど、期間で考える場合と、汚れた時、濡れてしまった時などの不意の場合がありますね。
期間で洗う場合は、人によってかなりの差があると思います。きれい好きで2、3回着たら洗わないと嫌だという人もいます。逆にスリーシーズン対応のスーツを結構な期間、洗わずに過ごす人もいます。個人の感覚だと思いますが、見た目やニオイのことを考えると、よく着るものなら、1、2ヶ月に1回は洗ったほうがスーツとしての清潔感は保てると思います。
汚してしまった時はもちろん洗うことになりますが、濡れた時などは、乾かすだけの方もいます。しかし、乾かすだけだと、特有のニオイが出てしまうことがあるので、洗ったほうが無難です。

 

クリーニングに出す?それとも自分で洗う?メリットとデメリット

では、そのスーツを洗うことにしたとして、あなたはどうやって洗いますか?
一般的な方法はクリーニングに出すことですよね。クリーニングに出すメリットは、お店に持って行って、お金を払えば、数日後にきれいになって返ってきます。あのクリーニングしたてのスーツを着た時のピンとした感覚には、たまらないものがありますね。また、持ち込んで、取りに行くだけなのですから、大した手間はかかりません。デメリットしては当然ですが、お金がかかります。
一方、自宅で洗う場合はどうでしょうか。最近は洗濯機で洗えるスーツが増えていますので、自分で洗う方もいると思います。自宅で洗うメリットで大きいのは、やはりクリーニング代が掛からないことでしょう。しかし、洗濯に失敗した時の損害は、その費用の何倍にもなるというデメリットもあります。

 

自分で洗うなら、洗濯表示をしっかり確認!

スーツはクリーニングに出したほうがいいのはわかっているけど、コストが掛かるのも…と思っている方は多いですね。確かに夏のスーツなどは、最近、自宅で洗濯可能なものが増え、家の洗濯機で洗っても大丈夫なものが増えてきました。でも、気をつけないと、スーツそのものをダメにしてしまう恐れもあります。それを防ぐための注意点を考えていきましょう。
まず、タグの洗濯表示をしっかり見て、それを守ることです。一見、大丈夫そうに見えても、家では洗えない素材のものもあります。
また、鉄則として、洗濯が終わったら、すぐ干しましょう。濡れたまま長時間放置すると、思いもよらないことになったりします。これらを守ることで、失敗はぐっと減るはずですよ。

 

上手なクリーニングの出し方とは?

では、最後にクリーニングに出す場合について考えていきましょう。
スーツをきれいにすることに関しては、クリーニング店にお任せすればいいのですが、出し方のコツを知ると、より上手に利用できます。例えば、コストの問題。まとめて出すことができる場合は、料金が安くなるサービスがよくあります。衣替えなどで、しばらく着ない場合はこのサービスを利用するとお得です。また、出しに行ったり、取りに行ったりする時間がない場合や、近くにお店がない場合は宅配クリーニングを利用すると、とても便利です。
クリーニングに出す場合、家で洗う場合のメリット・デメリットを知った上で、上手に使い分けられるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


おすすめ記事